『問題発見プロフェッショナル』に学ぶ、課題抽出と問題発見における4つの視点

新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術

新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術

問題発見プロフェッショナル―「構想力と分析力」

問題発見プロフェッショナル―「構想力と分析力」

的確な問題設定(問題発見)

  • 問題 = 「あるべき姿」と「現状」とのギャップ

問題が明確になれば解決策の精度は大幅に向上する。 ビジネスリーダーは細かな「KNOW-HOW」の指示でなく問題発見力「KNOW-WHY」の能力が問われる

問題発見のための4ポイント

「あるべき姿」を的確に描く

  1. ビジョン構想力・目標設定力
  2. パラダイム変化の認識力

cf. 勝者のジレンマ(ミッドライフ・クライシス) スーパープロダクト(orコンセプト)で成功した企業がブランド力・商品力の衰退に気付かず過去の栄光にすがり、チャネルや営業力に投資するという問題の本質に気付かないケース。(=成功の復讐)

「現状」の認識・分析力

  1. WILL(問題意識)

    • 「あるべき姿」が強すぎて「現状」を正しく評価できないは☓
    • 「将来の自分」を客観視できない(≒問題の先送り)は☓
  2. SKILL(分析スキル)

    • 「現状」をマニュアルなどを通して「処理」してしまうは☓
      • eg. 販売・製造・クレーム処理のマニュアル化

⇛ WILLとSKILLを敢えて分ける必要は無く、ゼロベースで現状を見つめる力が必要

「ギャップ」の構造を解明して問題の本質を具体化・優先順位付

  1. 具体化

    • コインの裏返し・・・「売上が下がったから売上を上げろ」は☓
      • eg. 地域振興券
      • 表面化しているギャップだけを解決しても本質的な解決にならない
  2. 優先順位付

    • モグラたたき・・・浮上してきた問題から解決を図るは☓

「実行可能な解決策」から考えない

解決策ベースで問題を捉えると拡がりを持たなくなる! ベストでなくベターを実行し走りながら考え続ける必要がある。